ピンクコンパニオンはいつ、どんな風にして生まれたのか、ここでは歴史についてみていきたいと思います。

バブル全盛期にはすでにピンクコンパニオンはいました。

そしてピンクコンパニオンは宴会の席で、お客さんと一緒に野球拳をしたりして裸になったりすることが可能なコンパニオンでもあったのです。

そしてバブルが崩壊してから今のピンクコンパニオンという名前になりました。

ピンクコンパニオンは宴会の席で、お客さんと一緒にお酒を飲む、話をする、カラオケをする宴会を盛り上げてゲームをするといった内容のコンパニオンでした。

少しずつ野球拳などのゲームで服を脱ぐのが定番になってました。

そして温泉地でも過激なサービスが可能な宴会のコンパニオンのことをピンクコンパニオンと呼んでいる旅館やホテルができたのです。

ホテル、旅館のイメージ、お客さんの印象によってピンクコンパニオンと呼んでみたり、ピンクコンパニオンと呼んでみたり、シースルーコンパニオンと呼んでみたりランジェリコンパニオンと呼んだりいろいろな名前で呼ばれるようになり、そしてピンクコンパニオンの今のスタイルになったとされているのです。

歴史というほどのことではないですが、バブル崩壊前から実はピンクコンパニオンはいたのです。

●参考サイト●http://www.env.go.jp/press/102580.html