Author Archives: admin01

ピンクコンパニオン宴会の飲み放題

ピンクコンパニオン宴会では飲み放題にしたほうがいいのか、飲み放題はつけないほうがいいのか、これを悩む幹事さんは多いと思います。

ピンクコンパニオンの宿泊プランは宿泊と宴会のピンクコンパニオン、そして飲み物の飲み放題がだいたいセットとなっているでしょう。

飲み放題にしておいたほうが、幹事さんがいちいち注文を出す必要がないのでゆっくり楽しめますし、予算の中で飲み物代が捻出できるかヒヤヒヤしなくてもいいですからお勧めです。

ピンクコンパニオン宴会の飲み放題でつけられている飲み物の種類についてですが、日本酒やビール、焼酎やジュースなどがついています。

お酒が飲めない人のためのソフトドリンクなどもついているので安心です。

飲み放題の対象外の飲み物としては冷酒やワインがあるので、これらを注文する場合には注意したほうがいいでしょう。

ウイスキーは飲み放題に入っていることがありますので、何が飲み放題に入っていて、何が飲み放題に入っていないのか事前にチェックしておくといいかもしれませんね。

そうすれば、後で飲み放題ではない普通の注文をしたときのように予算オーバーして追加徴収をするようなことにはなりませんので安心です。

ピンクコンパニオンの特徴

ピンクコンパニオンの特徴は普通のコンパニオンとは違いがあります。

宴会で活躍しているコンパニオンということでは同じなのですが少し特徴があるので違いがあるのです。

ピンクコンパニオンはお酒を飲んで宴会をただ盛り上げてくれるだけではないのです。

それなら普通のコンパニオンと違いがないのですが、ピンクコンパニオンは、ピンクコンパニオンという名前もついているくらいですからちょっとHなコンパニオンといってもいいかもしれません。

衣装もランジェリーやすけすけの下着を着たりして、お色気むんむんのお姉さんたちが宴会を盛り上げてくれる、これはピンクコンパニオンなのです。

お色気むんむんのランジェリーだけでなくほかにも浴衣を着ていたり、長じゅばんを着ていることもありますし、コスプレをして目でも楽しませてくれるピンクコンパニオンもいますので、一概にこんな感じということはないでしょう。

でも普通のコンパニオンと違う盛り上げ方で盛り上げてくれることは間違いないでしょう。

目で楽しませてくれますしゲームで洋服を脱いでくれたり場合によっては半裸になってくれたりするピンクコンパニオンなどもいますからこれはかなり過激で楽しめるでしょう。

動くピンクコンパニオン

まだピンクコンパニオンの宴会を利用したことがない人はどんなことができるのか実際に見てみたいと思ったりしませんか?写真なら見ることができても実際の様子は無理だろうとあきらめていた人でも、実際にどのような宴会をしているのか動くピンクコンパニオンを見ることはできるのです。

ピンクコンパニオンが動く姿を見る方法、それは動画をチェックするという方法です。

動画というのは、ネット上で公開されている動画ですが今はインターネットで動画まで公開されているのでとても便利にチェックすることができますね。

インターネットの動画サイトをチェックしてみると、その派遣会社が公開しているサイトもあれば、数日前の旅行の様子として素人の一般のお客さんが楽しかったピンクコンパニオン宴会の動画を掲載しているというケースもありますのでいろいろです。

もちろん許可を得た上で動画をアップロードしているのだとは思いますが。

動くピンクコンパニオンをまだ見たことがないという人にとっては参考になる動画だと思いますので少しチェックしておくと、そんなことができるのか、こんなことができるのかと、楽しい様子が伝わってくると思いますのでとても楽しいのではないでしょうか。

ピンクコンパニオンの歴史

ピンクコンパニオンはいつ、どんな風にして生まれたのか、ここでは歴史についてみていきたいと思います。

バブル全盛期にはすでにピンクコンパニオンはいました。

そしてピンクコンパニオンは宴会の席で、お客さんと一緒に野球拳をしたりして裸になったりすることが可能なコンパニオンでもあったのです。

そしてバブルが崩壊してから今のピンクコンパニオンという名前になりました。

ピンクコンパニオンは宴会の席で、お客さんと一緒にお酒を飲む、話をする、カラオケをする宴会を盛り上げてゲームをするといった内容のコンパニオンでした。

少しずつ野球拳などのゲームで服を脱ぐのが定番になってました。

そして温泉地でも過激なサービスが可能な宴会のコンパニオンのことをピンクコンパニオンと呼んでいる旅館やホテルができたのです。

ホテル、旅館のイメージ、お客さんの印象によってピンクコンパニオンと呼んでみたり、ピンクコンパニオンと呼んでみたり、シースルーコンパニオンと呼んでみたりランジェリコンパニオンと呼んだりいろいろな名前で呼ばれるようになり、そしてピンクコンパニオンの今のスタイルになったとされているのです。

歴史というほどのことではないですが、バブル崩壊前から実はピンクコンパニオンはいたのです。

●参考サイト●http://www.env.go.jp/press/102580.html

地方のピンクコンパニオン

地方のピンクコンパニオンというとやっぱり一番メッカといえる存在ではないでしょうか。

地方には豊富な温泉街、旅行といえば地方へ行くのが一般的だという考え方からやっぱり地方のピンクコンパニオンが一番人気というか安心して利用できるといっても過言ではないかもしれませんね。

やっぱり都会でのピンクコンパニオンよりもちょっと地方で都会の雑踏から離れて落ち着いた雰囲気の温泉旅館へ旅行へきている宴会というのはそれだけで風情を感じられるのではないでしょうか。

ピンクコンパニオンはバブル時代に一世を風靡していましたが、バブルが崩壊してからでも下火にいったんなった傾向にはありましたが、今は温泉街が町を揚げてピンクコンパニオンに力を入れているという傾向にあるので、人気も出てきています。

やっぱり色気がたっぷり、ちょっとレトロな雰囲気のするピンクコンパニオン宴会は忘れかけていた私たちの何かを取り戻せそうなそんな雰囲気がしますよね。

そして普段の日常では決して味わえない楽しみ方がありますので、日ごろの疲れを癒すのと、非日常空間を楽しむことを目的として利用している人は多いのです。

地方のピンクコンパニオンが今熱いと全国でも有名です。