ピンクコンパニオン宴会では飲み放題にしたほうがいいのか、飲み放題はつけないほうがいいのか、これを悩む幹事さんは多いと思います。

ピンクコンパニオンの宿泊プランは宿泊と宴会のピンクコンパニオン、そして飲み物の飲み放題がだいたいセットとなっているでしょう。

飲み放題にしておいたほうが、幹事さんがいちいち注文を出す必要がないのでゆっくり楽しめますし、予算の中で飲み物代が捻出できるかヒヤヒヤしなくてもいいですからお勧めです。

ピンクコンパニオン宴会の飲み放題でつけられている飲み物の種類についてですが、日本酒やビール、焼酎やジュースなどがついています。

お酒が飲めない人のためのソフトドリンクなどもついているので安心です。

飲み放題の対象外の飲み物としては冷酒やワインがあるので、これらを注文する場合には注意したほうがいいでしょう。

ウイスキーは飲み放題に入っていることがありますので、何が飲み放題に入っていて、何が飲み放題に入っていないのか事前にチェックしておくといいかもしれませんね。

そうすれば、後で飲み放題ではない普通の注文をしたときのように予算オーバーして追加徴収をするようなことにはなりませんので安心です。